浦和医師会 検診・検査センター
ホーム検査部門TOPページ> 微生物検査部門

微生物検査部門

微生物検査部門では、尿や便などから、腹痛や下痢の原因となりうる細菌がいるかいないかを調べる検査を実施しています。また、治療に使用する抗菌薬を決めるために、その細菌に対して効果的に作用する抗菌薬を調べる検査なども実施しています。

当検査部門では、一般細菌検査、結核菌検査クラミジアロタウイルスインフルエンザウイルス抗原検査などを実施しています。

pic_1

一般細菌検査

塗抹検査
グラム染色という染色法で、細菌がいるかいないか、細菌の形などを観察します。
培養同定検査
それぞれの検査材料を寒天培地の上で発育させて、感染症原因菌を突き止めます。
薬剤感受性検査
原因菌と考えられる細菌に対して効果的に作用する抗菌薬を調べます。
※糞便検査
腹痛や下痢の症状がある場合は、食中毒の原因になるような細菌(O157など)がいないかどうかを調べるために検査します。
また、健常者であってもこのような細菌を保菌している場合があるため、学童施設や食品業者の検便でもO157などの検査を実施しています。

結核菌検査

塗抹検査
チール・ネルゼン法、蛍光法(蛍光顕微鏡を用いて)という染色法で、結核菌がいるかいないかを観察します。
結核菌培養
小川培地を用いて4〜8週間発育させます。
結核菌感受性検査
小川培地を用いて検査しています。
pic_2

抗原検出検査

下記のような迅速検査を実施しています。

検出抗原 検体 測定時間
クラミジア抗原 男性:初尿 2時間
女性:子宮頸管 搾過物
ロタウイルス抗原 便 10分
インフルエンザウイルス抗原 鼻腔又は咽頭ぬぐい液 15分

ヘリコバクター呼気試験

胃・十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌の感染を調べる検査です。ユービットという錠剤を服用し、その前後の呼気を調べることによってピロリ菌の存在を確認する検査方法です。患者様の負担も少なく、およそ30分で結果が分かります。

用語・単語 解説

©2008 Copyright Urawa Medical Association Co., Ltd. All ALL Right Reserved.