浦和医師会 検診・検査センター
ホーム検査部門TOPページ> 一般検査部門

一般検査部門

一般検査室では、浦和医師会各医院からの尿・便・髄液・精液などの検査を実施しています。4・5月はさいたま市内の公立小・中・高校(浦和区・岩槻区)の学童尿検査も受託しています。

一般検査部門紹介

尿検査(尿定性) US-3100

尿は人体の排泄物としてもっとも容易に、繰り返し採取できる検査材料です。

尿検査(尿定性) US-3100

 

 

尿定性検査は、試験紙を尿に浸し、色調の変化をみる簡単な方法で、肝臓・腎臓の機能や、糖尿病などが調べられます。

 

 

 

 

 

 

尿検査(尿沈渣) UF-100

尿検査(尿沈渣) UF-100

 

 


尿沈渣は、尿を顕微鏡で観察し、赤血球・白血球などの成分を調べます。健常人にはない癌細胞などを発見することができます。

 

 

 

 

 

便検査(糞便中ヘモグロビン検査) OCセンサーDIANA

大腸癌など出血を伴う疾病の早期発見・治療のための検査です。

便検査(糞便中ヘモグロビン検査) OCセンサーDIANA


 


この検査は食物や薬剤による影響が少ない方法です。








髄液検査

髄液は脳室および脊髄腔に存在する透明な液体です。髄液の中の細胞数や蛋白・糖の量を調べます。

精液検査

不妊治療などのために精液に含まれている精子の数・動き・奇形などを調べています。

学童尿検査 US-2100R

学童の尿検査は、1〜3次まで検査を実施しています。

学童尿検査 US-2100R

1次検査尿定性検査を実施し、陽性者と未提出者は2次検査を行います。尿定性検査陽性は尿沈渣および蛋白の定量を行います。


2次検査陽性3次検査として医療機関を受診することになります。





用語・単語 解説

©2008 Copyright Urawa Medical Association Co., Ltd. All ALL Right Reserved.