浦和医師会 検診・検査センター
ホーム検査部門TOPページ> 血液検査部門

血液検査部門

血液にはさまざまな情報がたくさん詰まっており、血液検査は、健康管理のバロメーターとして欠かせないものです。体調不良のときに血液検査を実施し、職場や学校の健康診断で定期的に血液検査をするのはそのためです。血液は体内に平均的に分布しています。その一部を採り、検査することによって、白血病などの血液疾患を診断することができます。

分析装置と検査項目

XE-2100Alpha(多項目自動血球分析装置)
多項目自動血球分析装置
白血球(WBC)
白血球の数(種類ごとの数)を測定すると炎症やウイルス感染、白血病などの身体の異変の有無がわかります
白血球分類
好中球、リンパ球、好酸球、好塩基球、単球
赤血球数(RBC)
赤血球の大きさやヘモグロビン量(血色素量)などを測定することにより貧血の原因・種類・性質などがわかります。
ヘモグロビン量(Hb)
ヘマトクリット値(Ht)
全血液中に占める赤血球の割合のことを言います
平均赤血球恒数(MCV,MCH,MCHC
血小板数(PLT)
網状赤血球
CA-1500(血液凝固測定装置)
血液凝固測定装置
プロトロンビン
止血は、血液中の血小板や血液凝固因子によって行われます。血液凝固因子のなかで、最も量が多いのがプロトロンビンです
APTT
凝固機能の異常がどこにあるかを調べる検査で血友病のスクリーニングとして重要な検査です。
トロンボテスト
ヘパプラスチン

用語・単語 解説

©2008 Copyright Urawa Medical Association Co., Ltd. All ALL Right Reserved.